45歳までに早期退職!資産1億を目指す男のブログ.com

45歳までに早期退職!!資産1億を目指す子持ち男のブログ

満足いく人生を送りたい。本当の笑顔を取り戻すためにアーリーリタイヤを目指す30代、子持ち3人家族の挑戦。

「ダラダラと仕事やって残業代もらうのは許せない」

 昔はそんなこと思ってました。


時間内に終わらせるように、 スケジュールを立てて取り組んでいるが残業代0.
かたや、ダラダラと仕事をやって残業代をもらっている人。


そして評価はダラダラとしている人のほうが高い。


かつては理不尽と思っていました。
ダラダラする人は、朝出勤して直後に
「今日も残業かー」
とぼやいていますが


日中は、 ペチャクチャしゃべってろくに仕事をしていません。そして業務時間が過ぎると、急にやる気を出します。

 

さらに早く帰る僕を見下してきました。相手にしませんが鬱陶しいに変わりはありません。

 

ですがこういう人のほうが評価が高いのが常です。残業の多さ、無駄な頑張ってるアピールが全てです。


逆に、早く仕事を終わらせるのは、評価ダウン、賃金ダウンのデメリットだらけ。

 

これに文句を言っても何も始まりません。

対抗するには、自分もダラダラと仕事をし、
仕事やってる感を出すしか・同じ穴のむじなになるしかありません。


公平を求めても結局は不公平のままです。

 


ただ、不公平だとは思いつつも
「ダラダラと仕事をやってる人のほうが残業代多いのは許せない」
この考えはある意味、その企業にはまりすぎている気もします。

お金が欲しい、それはまさしくです。


だけど、どうでしょうかね。


仕事はしつつも、ほかの道の追及もよいのではないか?


僕は仕事に適性がないから、
自分の趣味にのめりこんでいます。


筋トレと子育ての2つです。
これにつぎ込む時間が必要なため、 仕事にダラダラする時間はありません。
周りから陰口たたかれようが何だろうが
「じゃ」
で帰ります。一分一秒たりとも定時を過ぎることは
自分で許しません。


僕には趣味の道を追求するほうが楽しみ、可能性を感じます。
仕事には絶望しかありませんので、それなりです。

 

何が言いたいのか自分でもよくわからなくなってきました。ただ体勢に逆らっても消耗するだけで徒労で終わるということですかね

 


 
 

div #breadcrumb div { display: inline; } div #breadcrumb div a:after { content: ">" ; }