45歳までに早期退職!資産1億を目指す男のブログ.com

45歳までに早期退職!!資産1億を目指す子持ち男のブログ

満足いく人生を送りたい。本当の笑顔を取り戻すためにアーリーリタイヤを目指す30代、子持ち3人家族の挑戦。

年間300万貯金する方法、残業なしでも子持ちでも共働きなら十分可能

年間300万の貯金

 

こう聞くと、ものすごい高いハードルのような気もしますが、でも

 

共働きなら十分可能です。

 

ではどうすれば達成できるのか?についてかんがえます。

 

我が家の状況(共働き年収1千万)でお話しします。

 

1、ボーナスは全て貯金

これだけで目標の7割以上は達成できます。

 

夫婦合算で手取りで220万でしょうか。これでもう目標まであと80万です。

 

80万ですから、単純に月に7万くらい貯めればもう目標達成になります。

 

 

とはいってもボーナスで生活費の補てんするとか、そういう形もあるでしょうから、ボーナスを全部貯蓄にまわすようになるには、足元を固める必要があります。

 

2、無駄な固定費を削る

家計簿をつけるのが一番理想ですが、毎日つけるのは面倒です。かといって、電気をまめに消したり、スーパーで特価品をねらったりなどは効果が薄いです。

 

効果が高いのは固定費の削減です。具体的には

・携帯を格安SIM

・家賃を下げる

・保険を見直す、削除する

・弁当水筒持参にする

もう、腐るほど言われ続けていることですが、実際に実行する人は少ない気がします。

固定費の削減は、一度、変更すれば後はメンテナンスしなくても良い点です。最初は面倒でも後ですごく効果が出てきます。

 

昨今給料を上げるのは難しいですが、支出はその人がその気になれば下げることが出来ます。

支出が下がればそれだけ自由に使えるお金が増えるので、結果として給料が上がったのと同義です。

 

 

・携帯を格安SIMに、ネットはwimax

これだけで夫婦合算で年間12万は浮くでしょう

月額で1万円給料アップになります。

 

格安SIMというと、いざというとき不安だとか、通信が不安定とか言いますが、そんなのは妄想です。かなり使えます。

 

手続きなどはネットを検索すれば山のように出てきます、そのとおりにすればできます。やるかやらないか、です。

 

あとネットはwimaxにしましょう。家の固定回線なんて無駄の温床です。

家を光回線wimaxで比較したら、月2,3千円は変わりますので年間で約3万ですか。

 

 

 

 

・築25年以上の場所が良い格安アパートに住もう

固定費の大きなものの一つに家賃です。住宅ローンをしている人は・・・

 

そもそも家ってそんなに新しいのが良いのですかね?それよりも広さがあれば、あとは自分で作り変えれば良いんですよ。

 

新しい家だと家賃が高いが、築25年以上となると十分な広さがあって家賃もお手頃のものが多くあります。しかも、場所も駅近も多いです。

 

繰り返します。古ければ自分で壁紙はったり給水まわりはDIYすれば良いんですよ。自分ですることで愛着もわいてきます。古さなんて気にならなくなりますよ。

 

これだけで、年間20万以上は変わるでしょう

 

あとは、家賃交渉もしましょう。

 

 

 

 

 ・保険を見直す

保険って調べれば調べるほど不要と思えます。

 

生命保険に関しては、年金の遺族基礎年金、遺族厚生年金、中寡婦加算等の遺族に対する年間支給額を調べれば、ほぼ不要です。せいぜい1000万あれば十分です。

保険会社はこの年金のセーフティーネットに関しては一切説明しませんからね。

 

医療保険に関しても、ほぼ不要です。健康保険のみで十分でしょう。高額医療保障制度もありますし、これらを考えると不要ですね。

 

生命保険、医療保険に関しては

 

こちらのデータによれば、世帯年収1千万で共働きの場合、年間約24万円だそうです。医療保険は全てカット、生命保険は掛け捨ての月額を選べば年間4万円くらいで済みますので、

 

年間20万円はカットできます。

 

 車の保険も、対人対物無制限、個人賠償責任保険、弁護士費用特約があれば十分です。特に車両保険、これをつけるとバカ高くなります。外すべきです。

 

実際に事故にあったときでも、余程の大きな事故でない限りは「保険を使うと来年度の保険料が上がります。長期的にみるとつかわない方がお得ですよ」のパターンばかりで結局は使いません。

 

実際に車がつかえなくなったら、安い中古を乗れば済む話です。車の保険は年間3万円は安くなります。

 

最終的には、車を捨てれば金は貯まります。車は金食い虫ですから。また、車を持っている間はユーザー車検をしましょう。

 

 

弁当・水筒持参

女性は、やってる人が多いですが、男は少ないです。これ馬鹿にできません。

1か月22日だとして、弁当・水で一日700円はかかるので、1か月で15,000円です。年間に18万円はかかります。

これを持参に変えるだけで大きな節約になります。

 

 

以上、合算すると

 

 

 固定費の見直しで、76万の削減ができます。

 

月約6万円の給料アップと同義です。一度、見直せばあとは放置しておけばよいだけです。

 

固定費削減で浮いたお金を強制的に別口座に移す

我が家の場合は、株式や投資信託に毎月積立をして強制的に回しています。別に貯蓄用口座に移すのでも構いません。強制的に貯める仕組みをつくります。

 

上記76万だと、月6万円は強制的に確保するようにします。そうすれば自然に貯まります。

 

番外編:ネットスーパーを使おう

ネットスーパーって単価は、スーパーよりも高くてお得感がないように思えますが、

 

スーパーに買い出しに行くと余計なものも買ってしまい結果的に高くつく

 

ネットスーパーだと必要なものしか買いませんから、単価は高くても結果的には安く済みます。

 

スーパーにいくと、ついつい「お菓子食べたい」とか「フルーツ食べたい」とか「惣菜パン食べたい」など不要なものもついつい買います。無駄です。

月に1万くらいは変わるような気がします。これも大事です。

 

 

結論

ボーナスを全て貯蓄に回す。

固定費を削減し、そのお金を強制的に貯蓄、投資用口座へ移す

 

などをしていけば、年間300万は貯まります。日々、研究です。

 

 

div #breadcrumb div { display: inline; } div #breadcrumb div a:after { content: ">" ; }