45歳までに早期退職!資産1億を目指す男のブログ.com

45歳までに早期退職!!資産1億を目指す子持ち男のブログ

満足いく人生を送りたい。本当の笑顔を取り戻すためにアーリーリタイヤを目指す30代、子持ち3人家族の挑戦。

3歳の息子にプロテイン(ジュニア用)を飲ますことにした。

子どもの将来を輝くものにしたいと考えています。では頭脳と肉体、どちらを伸ばすべきか?

 

これについては、小さいころは頭脳も大事だけど肉体の方が大事だ、という著書の方が多い気がします。なので肉体の強化も軽視することはできません。

 

プロテインを導入する理由

3歳の息子は、元気健康なのですが、国の平均身長よりも若干1-2cmほど低いです。低身長でもなく問題の無い範囲なのですが、それでも平均よりも低いということにショックを受けています。

 

おそらく日常の食生活に問題があるのでしょう。

 

身長が低いのは、カルシウム摂取量が少ないからだと、と思い、牛乳を飲まそうとしますが飲みません。煮干しを食べさせようとしますが食べません。

なんとかして、飲むヨーグルトを飲ましていますが、3歳児検診で

 

「糖分が多いのでやめた方が良いです」

 

と言われるありさま。

 

いったい、どうすれば良いんだ・・・・

 

 

と、思っていたところ、調べてみると、子どもの身長はカルシウムも大事だがタンパク質の方がもっと大事ということがわかりました。

 

タンパク質不足か・・・ということで、納豆や豆類を食べさせていますが、それでも不足している感が否めない

 

 

タンパク質といえばプロテイン

 

筋トレし始めて、僕は常に接種しています。プロテインだけでなく、日常の食べ物も意識して、鳥胸肉や卵、ブロッコリーなど接種しています。が、調べてみると、プロテインにもジュニア用というのがあるみたいです。

 

athtrition.com

 

プロテインと聞くと、一般的なイメージとしてはマッチョマンが飲む筋肉増強剤で副作用が怖い、ていうところでしょうか?

 

いやいや、それステロイドでんがな。

 

単なるタンパク質ですよ。むしろ、タンパク質以外にも、ビタミンや様々な栄養素が含まれる高品質の栄養補助剤です。

 

マルチビタミン的なところです。しかも、マッチョマンだけでなく、筋トレしていない人もタンパク質不足が叫ばれているので飲む必要があるくらいです。

 

ネット上ではかなりの否定的な意見があります。

・食育の方が大事だ。ちゃんと食物から摂取し、よく噛んで、とそういうことを大事にしていくべきだ

・栄養補助剤に頼るべきではない

・子どもを大事にすべきだ

などなど。もちろん食育は大事だと考えており、それもやっていきます。ですが、食育を考えて、作っても子供が食べなければ栄養が接種できません。食べさせる工夫をすべきだ、云々・・・

 

大人でさえ栄養が不足して出来ていないのにね・・・・

 

ですが、

 

子どもの成長にかかわることでタンパク質不足は大事なことです。現状、栄養が不足している問題があります。

 

 

ジュニアプロテインを導入します。

ジュニア用は、大人用とは異なり、体に吸収されやすいよう工夫されており、栄養補助剤としての位置づけです。

 

子どもを、頭脳も、肉体も、素晴らしいものに導いていくために。幼児期、親の関わりようによって、子どもは無限の可能性を秘めていると本気で信じています。

 

なので現状、不足している問題があれば、それを解決する方法を実行します。子供の将来を信じて。

 

 

div #breadcrumb div { display: inline; } div #breadcrumb div a:after { content: ">" ; }