45歳までに早期退職!資産1億を目指す男のブログ.com

45歳までに早期退職!!資産1億を目指す子持ち男のブログ

満足いく人生を送りたい。本当の笑顔を取り戻すためにアーリーリタイヤを目指す30代、子持ち3人家族の挑戦。

子連れで個人手配の海外旅行はハードルが高い?慣れればヤミツキになりますよ

僕らは、海外旅行に行くときは毎回個人手配です。自由に行動が出来て好きなところに行けるからです。

 

もちろん細かなことも全て自分たちでしなければならないので事前準備は相当大変ですが、やはり自由に行動が出来る点は何よりも勝ります。

 

海外旅行を個人手配で行くということを他の人に言うと必ず

 

ええええーーーーーー??不安じゃない??

 

と言われます。

 

 

ツアーで束縛されるのは大嫌いなのです。といいますか、ツアーで行くとチャレンジ精神を忘れます。全てコンダクター任せ、で自分たちで挑戦することもないので記憶に残りません。

 

なにより周りに日本人だらけとなると、非現実感が薄れます。非日常を求めて海外にいくのにね。

 

ある程度の緊張感があってこそ充実する海外旅行と思ってます。

 

ですが、何もぶっつけ本番で現地で考えるなんてことをするのは無謀です。予め抑えるポイントがありますので一つずつ説明していきます。

 

 

1、SIMフリー携帯と現地SIM

これは欠かせません。特に現在地がわからないと途方にくれます。新婚旅行のとき、ヨーロッパに携帯無しで町ブラしましたが現在地がわからず苦労しました。

 

SIMフリー携帯はさておき、現地SIMも日本で通販で買うこともできます。例えばマカオ旅行のときはこれを使いました。

f:id:well-lined5963:20190204111810j:plain

 

携帯にSIMを差し込んで、同封されている設定方法の説明書どおりにすれば使えます。値段も1300円強なのでそんなにしません。

 

 

容量については、海外は街中やホテルにフリーwifiがたくさんありますので、それをメインで、それ以外をSIMで通信すれば容量不足になることはありません。

 

2、アメックスのオーバーシーズアシスト・保険

これは欠かせません。アメックスカードに付帯するサービスで、

旅行先で、もしもトラブルや病気になったときは、ここに電話すれば全て対応や手配してくれます。通訳もしてくれます。

 

www.americanexpress.com

これはアメックスゴールドカード以上が対象になりますが、アメックスゴールドはよく1年間年会費無料のキャンペーンをしてますので、それを利用すれば無料で使えます。

 

そしてアメックスには旅行保険もあります。

 

旅行代金をアメックスカードで決済しなくても保険は適用されますが、保険金額が変わります。カードで旅行代金の一部でも(ホテル代、移動費用(飛行機、新幹線等))を利用すると旅行使用保険が適用されます。

 

このカード1枚で家族全員分が適用されますので十分です。わざわざ旅行保険を新たに準備する必要はありません。

f:id:well-lined5963:20190204112815j:plain

 

なお、もしものときのために連絡先はメモしておく必要があります。

連絡手段は、ホテルの電話を利用するか、LINEが使える国であればLINE電話を使うか、Smart Talkを使うか、などいろいろあります。

 

3、街中の移動手段 UBER

UBERを使える前提で話します。街中をどう移動するか、海外旅行の上で一番の課題でした。タクシーを利用するとボッタくりは大丈夫か?現金十分に持っておかないと、など様々心配要素がありましたが、これもUBERが解決してくれました。

 

携帯でポチっとタクシーが呼べて、しかも決済は登録しているカードで。なので、タクシーにのって、そして到着すれば降りるだけ。会話しなくても良いのです。なんて楽ちん。おかげで海外旅行の幅が格段に広がりました。

 

使い方は次のとおりです。

 

なお、日本で事前に登録しておかないと現地で使えませんので注意してください。

 

4 google mapでマイマップを作る

グーグルマップには、マイマップという自分オリジナルの地図が作れます。マップ上に自分がチェックしたお店を何件も登録することができ、それを開くだけで旅行の予定がわかります。

 

特に、現在地もそのマップに表示されますので非常に便利です。いちいち、予定の店を調べてマップに入力して、と面倒くさいです。

 

それが予め登録しておけばすぐに出来ます。

 

スーパー

食事

雑貨屋

 

など様々な選択肢を、マップに登録しておけばすぐに臨機応変な行動がとれます。家族で行くので妻のご機嫌をとるのも大事なことです。

 

 

使い方は次のとおりです。

 

 5 飛行機のオンラインチェックインやチェックインカウンター

空港のチェックインカウンターには、オンラインチェックインとそれ以外の2つのカウンターがあります。大抵、オンラインチェックインカウンターは空いて、それ以外は大行列になっています。

 

オンラインチェックインは、飛行機会社のアプリでポチっと押すだけで出来ます。わざわざ行列に並ぶことはありません。

 

ネット技術が発達したといっても、いまだにオンライン以外のカウンターに行列が出来ます(特に日本人が多い気がするが・・・)

 

 

そしてチェックインカウンターの場所です。海外のチェックインカウンターはどこにあるか事前に調べておかないと迷うばかりです。細かなことですが、調べておくのが重要です。

 

6 気合

ホテルのチェックインなどで、英語で説明されますがこれは避けることができません。ですが、まあ、ハイハイいっておけば大抵は問題ありません。気合ですね。

 

 

とまあ、以上6つのまとめでした。事前準備が大変ですが、これ以外にも細かなことはあるでしょうが、慣れれば個人手配が好きになってきます。

div #breadcrumb div { display: inline; } div #breadcrumb div a:after { content: ">" ; }