45歳までに早期退職!資産1億を目指す男のブログ.com

45歳までに早期退職!!資産1億を目指す子持ち男のブログ

満足いく人生を送りたい。本当の笑顔を取り戻すためにアーリーリタイヤを目指す30代、子持ち3人家族の挑戦。

子育てで時短をしても空き時間を有効に使えなければ意味が無い。有効に使うにはやることを固定する。

昨日、空き時間について徹底的に効率化する方針を建てました。

 

で、数日たって実行できたのかどうかについてですが、空いた時間の半分くらいしか有効に使えませんでした。

 

なぜ有効に使えなかったのか?いろいろ考えた結果、やるべきことが定まっていないからでした。

 

やるべきことを定める

 

有効に使えた時間は、昼休みと通勤時間、そして皿洗いの合計80分くらいでした。

昼休みは、日記書きと読書

通勤は、voicy視聴など音声

皿洗いの時間は、youtubeで不動産の勉強

とやるべきことを定めていました。そうすると迷うことがありませんので確実に実行できます。

 

逆にやるべきことを定めていなかった時間

早朝の時間、

家事労働が終えた後の時間

これはやるべきことを決めていないのでダラダラと過ぎてしまうか、子どもの遊んでコールに巻き込まれて自分の時間が無くなるかのどちらかです。

 

なので、この2つについてもやるべきことを定めていきます。

 

早朝の時間は、ブログ書きか筋トレ

家事労働を終えた後は、勉強(プログラミングか英語)

そして早朝出勤で一人だけの時間の時は、有意義に過ごせるルーチーンを定めます。

 

こうしてやるべきことを明確にして、迷うことなく効率化を進めていきます。

 

時短の意味を考える

最近になって時短の意味を漸くわかってきたような気がします。いままで子育てで時間に追われるような生活をしていました。そのたびに時短テクニックを一つずつ習得していきましたが、

 

しかし、その余った時間について有効に使えていたのかというとそうではありませんでした。ダラダラテレビをみるか、携帯をポチポチするかの死んだ時間でした。

 

なぜ時短をするのか?

 

時間についての考えが不足していました。余った時間で何をするのか?何を決めて行動するのか?それを決めていないから、無駄な時間を過ごしていました。

 

あまった時間について何に集中するのかは人それぞれです。子供の勉強に充てる、自分の勉強に充てる、いろいろありますが、何か実りある時間にするには自分の中での意識づけが必要なのがわかりました。

 

時短も結局、余った時間の使い方について考えていなかったら時短時短で終わって勿体ないことになってしまいます。

 

あまった時間を有効活用して有意義な人生を作り出す

いまの目標はこれです。とりあえず、アーリーリタイヤのための収入アップ、副業でどれだけの収入が欲しいのかなど、それに向けた具体的な行動をどうするのか、一つずつ行動していくのみです。

 

とまあ、自分で書いて意識高い系の鬱陶しい内容になりました。ただ、今の自分にはこれしか方法が思い浮かびません。節約節約は、目新しさもなく泥臭い方法ですが、それはそれとして、それ以外にも高めていく必要を感じたので

 

飽き時間の有効活用を徹底していきます。

 

 

 

div #breadcrumb div { display: inline; } div #breadcrumb div a:after { content: ">" ; }