45歳までに早期退職!資産1億を目指す男のブログ.com

45歳までに早期退職!!資産1億を目指す子持ち男のブログ

満足いく人生を送りたい。本当の笑顔を取り戻すためにアーリーリタイヤを目指す30代、子持ち3人家族の挑戦。

戦略的に子どもを育てる。

幼児期の天才的吸収力を逃してはならないと思い、七田式に通ったりと幼児教育に励んでいます。

 

毎日帰宅後、家事を終えてからCDの聞き流し、はさみの練習、文字、数字覚え等をヘトヘトになりながらしてますが、これは単に七田式のカリキュラムをこなしているだけです。

 

短期的な視点としては、小学校に上がる前までに読み書きが出来て、九九をマスターしている程度を考えていますが、それでは不十分な気がしてます。

 

もっと長期的な視点、将来にわたって役立てるような能力を今から植え付けていく方が大事なのでは、と感じています。

 

英語とプログラミング

この2つを幼児期に植え付けていくのが大事のような気がしてます。

 

英語とプログラミングってベタな・・・と思われるでしょう。僕もそう思っています。しかし最近聞いたvoicyの「澤円の深夜の福音ラジオ」で現マイクロソフト執行役員の澤氏が言ってるのでベタでありながら笑えないと思います。

 

英語は、考え方の幅が数十倍に広がるだとか。たとえば検索するにも日本語で検索するのに比べて英語で検索すると日本語の数十倍のヒット数があるだとか。それだけで選択肢の幅が広がるらしい。

 

プログラミングも、今後は避けては通れない道だそうです。現に義務教育のカリキュラムも英語、プログラミングが小学校から義務教育に組み込まれるだとか。

 

もはや旧石器時代の私たち親世代ではついていけない内容になっています。私自身も、英語は片言でプログラミングなんて大学時代に嫌々触った程度でしかありません。とても子供に教えられません。

 

それ以外のことならば教えることは出来るのですが、肝心の英語とプログラミングは出来ないという痛烈な皮肉です。

 

自分自身の学習を始めます。

自分で教えられるようになれば、それがコスパが一番良いと思います。なので面倒くさいですがこれから勉強していきます。ダルイ・・・・

 

英語に関しては、英語完全勉強マニュアルという本を勉強しなおしますか。若しくはスカイプ英語でも初めて見ますか。

 

プログラミングに関しては、数か月でプロレベルまで育成するテックキャンプに通うのも良いだろう。今後の課題です。

 

幼児教育をする最大の理由

 

子どもの将来を大事にしたいとかいろいろありますが、自分をつきつめてみると

 

 

あとで楽をしたいから

 

これにつきます。

 

幼児の頃にマスターしておければ後で困ることが無くなりますからね。一度勉強等でおちぶれると這い上がるのはきついですから。

 

英語とプログラミングを除けば勉学でつまづくポイントは大体わかりますが、それを最初からマスターさせておけばつまづくこともなく、つまり親が楽ができると企んでいます。(かといって親が思うとおりに育たないのが子どもなので・・・)

 

あとで楽がしたいために今日も幼児教育に頑張る・・・・仕事の後の幼児教育はほんとにしんどい・・・・

 

 とはいってもエンタメ要素がないと子供は勉強に付き合ってくれませんから、そこを考えるのもさらにしんどい・・・

 

 

しんどいの連続ですが、あとで楽ができると信じて頑張ります。

div #breadcrumb div { display: inline; } div #breadcrumb div a:after { content: ">" ; }