45歳までに早期退職!資産1億を目指す男のブログ.com

45歳までに早期退職!!資産1億を目指す子持ち男のブログ

満足いく人生を送りたい。本当の笑顔を取り戻すためにアーリーリタイヤを目指す30代、子持ち3人家族の挑戦。

日本式の考え方では幸せを感じられなくなってきている。

なんとなく思っていたことを言語化してみます。日本式の考え方とは、

・和をもって貴しとする

・集団の意見を優先する。

・年配の意見を尊重する。

てところでしょうか。

 

上手く機能していた時代ならよかったでしょうが、この考え方もそろそろ限界を迎えているような気がしてます。幸せを感じられるのであれば良いのですが、現にこの考え方ではストレスが貯まるだけです。

 

最近、妻はよくフランス人の過ごし方、ドイツ式の過ごし方など欧米の考え方の本をよく読んでいます。

こんな本です。

 

フランス人は10着しか服を持たない (だいわ文庫 D 351-1)

フランス人は10着しか服を持たない (だいわ文庫 D 351-1)

 

 

ドイツ人が教えてくれた ストレスを溜めない生き方

ドイツ人が教えてくれた ストレスを溜めない生き方

 

 

どれも共通しているのは、個性を出して生き生きと暮らしていること。集団ももちろん大事でしょうが、個人の方がもっと大事。個性をもっとも尊重している本です。

 

僕も妻から借りて読んでみたのですが、筆者の考え方に共感を覚えることもありますし、何よりも筆者が生き生きとしている印象を強く受けます。パワーが伝わってきます。

 

また別の本のことですが、

世界幸福度ランキング上位13カ国を旅してわかったこと(集英社インターナショナル)

世界幸福度ランキング上位13カ国を旅してわかったこと(集英社インターナショナル)

 

 世界幸福度ランキング上位13か国を旅してわかったこと、これには幸福度にはお金は関係ない。実際にGDPなどで上位に来るドイツや日本は、総じて幸福度が低い。逆に中米などのGDPが低い国は幸福度が高い調査結果が出ている。

 

この理由は何なのか?一つには悲観的な考え方や楽観的な考え方もあるだろうが、個性を軽視している理由もあげられます。

 

・和をもって貴しとする。

・集団の意見を尊重する。

・年配の意見を尊重する。

 

理由があってそうするのであれば問題ないのでしょうが、無言の集団圧力によってそうさせられているのが現状だと思います。そんな状況では個性が委縮して幸せに感じることなんて到底無理です。

 

別に日本全体にこうなれ、なんて大層なことは言いませんしそんな面倒くさいことはやりたくありません。自分自身が幸せになりたいから、そう感じたいから。でも、今はあまり感じられていないのはなぜなのか?

 

考えてみると、ここに行き着きました。

 

なので、今後はこの方向を逆行していきます。

・和を貴しとせず、個を貴しとする

・集団より個人を尊重する

・年配の意見はほどほどに

 

その方がきっとストレスもためずに楽に幸せを感じて生きていける気がします。

 

 

div #breadcrumb div { display: inline; } div #breadcrumb div a:after { content: ">" ; }