45歳までに早期退職!資産1億を目指す男のブログ.com

45歳までに早期退職!!資産1億を目指す子持ち男のブログ

満足いく人生を送りたい。本当の笑顔を取り戻すためにアーリーリタイヤを目指す30代、子持ち3人家族の挑戦。

交通事故慰謝料は約350万円でした。交通事故のポイントをまとめます。

久々に更新になります。

 

昨年、交通事故にあい、肩玉人間になりましたが、このたび漸く決着がつきました。

 

 

 半年の通院後、弁護士を通じて慰謝料交渉をした結果、

慰謝料は350万円になりました。約1年間かかりました。僕の方タマもこれで成仏できたでしょうか・・・・36年連れ添った相方です。

 

さて、この経験から交通事故において大事なポイントをまとめます。

 

1、事故後、即座に自分で知識を得ること

これが何よりも大事になります。事故にあってまず最初に何をすべきか、どうすべきか、知識が無いと何もできません。しかし、インターネット上には被害者が事故後に動くべき情報はほとんど皆無です。

あるのは弁護士はどこに依頼すべきかです。

弁護士に依頼するのは大事なことです。しかし、実際に弁護士に依頼しても、今後どうすべきかについて質問しても一般論しか返ってきません。弁護士任せにしていたらおそらく慰謝料は50万円もいかなかったと思います。自分で知識を得ることが最重要です。

 

ネット上で散々しらべましたが無料の情報には僕が求めるものはありませんでした。よって有料の情報を求めることにしました。僕が参考にしたのは、交通事故で円満に解決する示談方法です。

 

交通事故を円満に解決する

 

 2万円もかかりましたが、十分に元が取れました。何よりメールで質問が可能で2日以内に返信が来るアフターフォローが良かったです。

インターネット上の知識は、残念ながら実際の事故で当事者として役に立つことはありません。多少お金がかかってもその後のことを考えたら必要なものです。無料の情報というのはその程度の情報です。

 

繰り返しになりますが、今後、どうすべきか弁護士に聞いても一般論しか返ってきません。自分で知識を得て対応していくことが大事です。そしてある程度の終着点に目星をつけて対応していくことが大事です。

 

 

また、もう一つ大事なことがあります。

 

それは事故後に即座に行動する。

時間が経過してから知識を得て行動してももはや手遅れになります。事故との因果関係を否定されるからです。なので事故が起きたら即座に知識を得ることが大事です。

 

 

2、弁護士は自分で見つけること

今回の事故では保険の特約に付けていた弁護士費用特約を使いました。が、弁護士は自分で見つけることが大事です。

 

最初は、保険会社の紹介の弁護士に依頼しましたが駄目でした。質問しても一般論しか返ってこず、また電話でのやり取りが困難な場合はFAXというありさまです(費用がかかるがな)

なので保険会社の紹介の弁護士には途中でお断りして自分で一つ一つあたって選ぶことにしました。保険会社紹介の弁護士は、たぶんやる気が無いので自分で見つけることが大事です。

(選んだ弁護士は、具体論を質問しても一般論しか返ってこず結果として不満でしたが、まあ最初よりかはマシでした。このあたりは自分の目利きが必要になりますね。いまとなっては選ぶ基準が出来ましたが、あのときはわかりませんでした)

 

3、保険は弁護士費用特約を必ずつけること

この弁護士費用特約は非常に大事です。慰謝料交渉において相手方と交渉するにも慰謝料には3段階あります。

自賠責基準

・任意保険基準

・弁護士基準

慰謝料は、自賠責基準が一番安く、任意保険基準は自賠責基準よりほんのちょっと高い程度で、弁護士基準が一番高いです。一般的に相手方保険会社は任意保険基準での支払いしか応じません。

 

最高額の弁護士基準での慰謝料を請求するには、弁護士を通じて請求するか、多少手間がかかりますが自分で対応機関に請求するかです。後者は非常に面倒なので弁護士で請求するのが楽です。

 

弁護士費用特約は年間数百円ですが、この特約があれば弁護士費用数百万円までは無料で弁護士を雇えます。このおかげで、今回の事故で弁護士基準での請求が可能になりました。

 

任意保険基準と弁護士基準との間には2倍以上の差がありますので、弁護士を雇うことは非常に大事です。

 

 

 

以上、3つにまとめました。事故が起きてから混乱の最中で何をすべきか、どうすべきか散々迷う中で、行動していった結果、まあ悪くは無い結果になりました。もうすこし改善すべき点がありましたがこれは後の祭りです。

 

この経験が誰かの役に立てば幸いです。

div #breadcrumb div { display: inline; } div #breadcrumb div a:after { content: ">" ; }