45歳までに早期退職!資産1億を目指す男のブログ.com

45歳までに早期退職!!資産1億を目指す子持ち男のブログ

満足いく人生を送りたい。本当の笑顔を取り戻すためにアーリーリタイヤを目指す30代、子持ち3人家族の挑戦。

我が家も幼児教育を始めます。子供に対する先行投資です。

幼児教育、今まで全く考えていませんでした。家ですくすく元気に育てばよい。本格的な勉強は10歳以降すれば良いと。しかし最近になって考え方が変わってきました。

 

 

 

天才的に吸収する時期を逃しても良いのだろうか?

我が子は最近別人のように言葉をしゃべるようになりました。そして新しい言葉を次々と覚えていきます。この天才の時期をこのまま逃しても良いのだろうか?非常に勿体ないのでは?と。

 

いろんな幼児教育の本を図書館で借りて読んでると、押さえておかないといけないポイントがあります。我が子は2歳半ですが、

・子どもから見える位置に親がいないと子供が不安がること

・子どもにはオーバーリアクションで笑顔で反応すること

・怒ってるときは俳優になったつもりで怒った顔をあえてすること(内心そんなに怒ってないのですが、子どもは表情や声のトーンで読み取るらしいです)

など、本を読んで実際に参考になった知識がたくさんあります。でも短期的なものの知識しか得られてないので、もっと長期的な教育方針が欲しいと思っていました。

ただ、英語教育とかそういうのはあまり重要視していません。もっと基礎的なものを求めていました。

 

 

七田式幼児教育

なので幼児教育に関する本を図書館で探してみたところ、気になる本があったので借りてみました。

[七田式] 子どもの『天才脳』をつくる33のレッスン (じっぴコンパクト新書)

[七田式] 子どもの『天才脳』をつくる33のレッスン (じっぴコンパクト新書)

 

 

知能は4歳までに50%、8歳までに80%ができあがるということが書かれており、その中でも「0~6歳」の時期が重要。無限の力(天才脳)を引き出すのは、あかあさんとおとうさんであるらしいです。

 

この中で印象に残ったのは、次の3つです。

・読み聞かせ

読み聞かせは非常に効果があるが、1日1冊では量が不足している。10冊以上はしたほうが良い。

\(゜ロ\)(/ロ゜)/

 

えと、読み聞かせはバブ助が6か月の頃からほぼ毎日やってるんですけど、1日せいぜい3冊くらいです。10冊って・・・・

・フラッシュカード

絵が描いたカードを1秒ごとにパラパラめくる。

これがモノを覚えるのに効果が高いらしい。本当かな?

 

・2歳の段階でもうマル、シカク、サンカク、台形などの形を覚えたり、数字や文字も読めるようになる

 えと、これもすごいな・・・

 

ネット上でこの七田式を見ると賛否両論があります。ただ、幼児教育ってある意味宗教みたいなもんだと思っています。どの流派を親が信じてやるかだと。もちろん無宗教で何もしないという方もいるでしょう。

我が家も今までは無宗教派でしたが、今後はどこかの流派をしていこうかと思っています。

 

幼児教育は子供への先行投資

早い段階で基礎的なことをしっかり押さえられたら、後々親が非常に楽ができると期待してます。もちろん子供へは良い教育を施したい気持ちはありますが、やはり後々自分たち親が楽が出来るようになりたいという気持ちも強いです。

早い段階で基礎をしっかりさせたら後が楽。そう考えて幼児教育を始めたいと思ってます。

 

ただどの流派にするか、現在、検討しています。七田式は全国(ない県もある)に教室がありますが、この月謝がすごい高い。なので安くて仕上げるには教材を仕入れて親がするのが効果的です。メルカリなどであるでしょうね、きっと。

 

これから、公文式、七田式、ベネッセなどいろいろ資料を請求してみます。そして良いものがあればメルカリで買います。また比較検討結果も載せたいと思います。

 

 

 

 

div #breadcrumb div { display: inline; } div #breadcrumb div a:after { content: ">" ; }