45歳までに早期退職!資産1億を目指す男のブログ.com

45歳までに早期退職!!資産1億を目指す子持ち男のブログ

満足いく人生を送りたい。本当の笑顔を取り戻すためにアーリーリタイヤを目指す30代、子持ち3人家族の挑戦。

理想の生活。

仕事をしたくない、職場の人間とかかわりたくない、この理由からアーリーリタイヤを目指しています。目下、この2つがストレスの原因なので取り除くためには辞めるしかありません。

 

ではアーリーリタイヤが出来たら、その後はどういう生活を送りたいのか?

 

ここ、あんまり真剣に考えたことは無いんですよね。

 

・朝、早起きせずに済む

・翌日のことを考えずに済む

・職場の連中のことも考えずに済む

・ストレスの原因が無くなる。

 

これだけでもアーリーリタイヤは十分すぎるメリットなんだけど、その後は?

 

・世界放浪したい

・いろんな国にしばらく住んでみたい

・バイク世界放浪したい

などは子供がいるので無理だ。

 

では、何が良いのか?

 

ヒントは北欧にある。

以前、この本に北欧の暮らしが書かれていた。

世界幸福度ランキング上位13ヵ国を旅してわかったこと

世界幸福度ランキング上位13ヵ国を旅してわかったこと

 

 もう手元にないので詳細な文書は覚えてないけど、北欧の人たちは国家を信頼し、お互いを信頼し合っているらしい。高い税負担はあるけど資産の再配分機能がしっかりしていて、国民は政府から困るようなことはされてないと感じている。

そして、国家・社会は信頼から成り立っているので、契約書とかは締結されることも少なく、困ったことがあればすぐに規制するとかではなくお互いが話し合って解決するらしい。

 

まったく日本と真逆の世界です。そして北欧の人々は、幾世紀前から幸せについて考えていて経済的発展を重視するよりも個人の幸せを重視し、週末は別荘でゆったりすごす生活をおくっているらしい。

 

これ、簡単に書かれてあるけど、もっと知らねばならない気がする。

 

アーリーリタイアした後はどうする?という課題について、すでにアーリーリタイヤした人のブログを読むが、人にもよるが一定の割合で、何もしない生活・自分で自由に過ごす生活に飽きてまた社畜に戻っていく人もいる。

 

なぜだ??

と思うのだが、やはりライフワークというようなものがいるのだろうか。会社を辞めても没頭できる、個人個人が思う幸せを追及していく必要があるのだろう。社畜の間に・

 

うん、一度、いってみようかな、北欧。

div #breadcrumb div { display: inline; } div #breadcrumb div a:after { content: ">" ; }