45歳までに早期退職!資産1億を目指す男のブログ.com

45歳までに早期退職!!資産1億を目指す子持ち男のブログ

満足いく人生を送りたい。本当の笑顔を取り戻すためにアーリーリタイヤを目指す30代、子持ち3人家族の挑戦。

来年度のふるさと納税、還元率50%以上になるLINEショッピングキャンペーンを上手く活用しよう

来年度、ふるさと納税が6月1日に法改正で改悪されることが発表されてますが、6月1日まで悠長に構えていたら遅いと思ってます。

 

昨日も還元率が30%以内になっていない自治体が発表されてますし、法改正まで還元率30%以上は持たないおそれが強いです。

this.kiji.is

だから改悪される前に、総務省に駆逐される前にふるさと納税を完了してしまう必要があります。もちろん、リスクもあります。総務省の指導に従わない自治体はふるさと納税の減税対象から外すとか。

 

仮に新年早々に還元率30%以上の自治体にふるさと納税したとしても、その後、総務省からはしごを外されたら、何のメリットもありません。

 

だけどリスクリスクとおそれてたら美味しい商品が駆逐されてしまいます。なので、早目に納付して、その後はその納付自治体がふるさと納税の対象になることを信じてするしかありません。

 

来年度のふるさと納税の限度額は?

正確な納税額は、e-taxで調べるのが良いのでしょうが、簡単に大まかに調べたいので、ふるさとチョイスを使いました。

 

年収、社会保険料IDECO、生命保険料控除を入力すると次の結果が出てきました。

 

f:id:well-lined5963:20181228115757j:plain

年収600万ではこの程度でしょうね。この金額を早々に使い切ります。さて、方針ですが

 

 

LINEショッピングキャンペーンを活用する。

これですね。この方が過去のキャンペーンをまとめてくださっているので助かります。

 

www.shinpoi.netふるさと納税も、さとふる等が対象になっています。

 

f:id:well-lined5963:20181228120948j:plain

大抵、このプレゼント条件が多いですね。税抜表示価格なのは注意です。

 

f:id:well-lined5963:20181228121107j:plain

 

LINEは公式アカウントはブロックしてはいけないのが忘れそうで怖い。

 

このキャンペーンを上手く活用すれば還元率50%越えもまんざらではないですね。楽天ラソンでのふるさと納税もありますが、マラソンするのが面倒くさい。

 

公表された自治体をターゲットにする。

公表された自治体は次のとおりです。

北海道森町▽八雲町▽愛別町羅臼町

山形県大石田町

群馬県富岡市

新潟県阿賀町

▽長野県小谷村

岐阜県養老町

静岡県下田市南伊豆町

▽愛知県幸田町

滋賀県湖南市

京都府亀岡市

大阪府泉佐野市▽河内長野市

兵庫県市川町▽上郡町

和歌山県御坊市

広島県安芸太田町

山口県柳井市

徳島県佐那河内村

香川県多度津町

▽福岡県大刀洗町▽川崎町

佐賀県みやき町

長崎県松浦市

熊本県玉東町

大分県竹田市

▽宮崎県川南町

▽鹿児島県枕崎市

 

 素晴らしい自治体ですね。まだ年が明けてないので具体的に絞るのは後になりますが、とりあえずこの中からピックアップしていくことにします。

 

div #breadcrumb div { display: inline; } div #breadcrumb div a:after { content: ">" ; }