45歳までに早期退職!資産1億を目指す男のブログ.com

45歳までに早期退職!!資産1億を目指す子持ち男のブログ

満足いく人生を送りたい。本当の笑顔を取り戻すためにアーリーリタイヤを目指す30代、子持ち3人家族の挑戦。

子育て読み聞かせ18ヶ月目 ようやく効果が出てきた

子供への絵本読み聞かせ18ヶ月目。ようやく、ようやく目に見える効果が出てきました。

 

子どもが自分から読んでと催促してくるようになってきました。これは僕にとっては驚くべきことです。子どもあるあるなのかもしれませんが、毎日、読んで、と催促してきます。

 

絵本が好きになったんでしょうね。これも僕の1年半の地道な成果なんでしょうなw

 

まあ、単に子育てに良いと言われてるのを続けて、僕自身も好きだったからだけですがね。

 

小さな時に種をまいてたら大きく花開くときがくるんですね。

いま、子どもの成長スピードが凄くて圧倒されます。急成長している最中、適切な教育を施していけば天才になるのでは、と。

 

そのためには親自身がやっていかなければならない。親自身が意識して子供との中身の濃いふれあいを増やしていかないといけない。

 

皮肉なものです。社会でだめ人間が子どもを天才に育てようとするなんて。

 

でも子育てに良いと言われていることを毎日、少しずつ実践していけば花開くときが来るのはわかりました。

 

幼児教育について

 

公文式、七田式、ベネッセと数多くあります。最初は幼児教育は否定的でした。お金ばかりかかって実りが少ないのではないか。少なくとも家で親が熱心にしなければ効果が薄いのだからわざわざ教室へ通う必要はないのではないのか。

 

しかし、最近、考え方が少し変わってきました。家で親が熱心に、という点が厄介です。お金をかけずにやるにはそれなりの熱意が必要です。意地でもお金を使わずにやってやる、という強い意志が必要になってきます。

 

残念ながら今のところ、僕にそんな強い意志はありません。すぐに楽な方楽な方へと流れて行ってしまいます。つまり何もしないです。テレビを見て、ダラダラして、そして幼児教育という何でも吸収できる天才の時期をミスミス逃してしまう。

 

やはり、幼児教育をするにはある程度の強制力が必要ではないのか?お金をかけたからといって必ずしも効果に出るとは限らないが、これだけお金をかけたから実りにならなければ勿体ない、と親の方にセコさというかガメつさが出て結果的に良い方向に進むのではないか?

 

などなどいろいろ考えます。今のところ公文式、七田式と2か所の体験をしましたが、教室としての密度は七田式の方が良かったです。ただ、月謝が13000円強と高い。

それに比べて公文式のベビー公文は月2千円だが主に家でやるシステム。どちらが良いのかまだ迷いますが、早目に結論を出したいと思います。

 

このようなことを増やしていけば、たぶん、医学部へ、、、いえ、なんでもありませんw

 

 

div #breadcrumb div { display: inline; } div #breadcrumb div a:after { content: ">" ; }