45歳までに早期退職!資産1億を目指す男のブログ.com

45歳までに早期退職!!資産1億を目指す子持ち男のブログ

満足いく人生を送りたい。本当の笑顔を取り戻すためにアーリーリタイヤを目指す30代、子持ち3人家族の挑戦。

海外旅行にはUBERが必須!!セブ、バリ、台湾で使った僕が使い方や注意点を徹底解説します。

海外旅行に行くと、いつも困るのが空港からホテルまでの移動手段。旅行会社に依頼すると確実にボッタクリ料金。でも、自力でタクシーにのったりするのも中々苦労する。

 

そんなとき役立つのがUBER。今日はUBERについて語ってみます。

 

UBERって何?

スマホハイヤーを呼べるサービスです。スマホで迎えに来てほしい場所・行きたい場所を地図上に指定し、何分で迎えに来るかも表示されます。しかも料金も予めおおよそですが表示されます。

そして、支払いは前もって登録したクレジットカード決済になるので、降りる時に面倒な小銭のやり取りもいりません!

ここが大きな点です。海外だと言葉は通じないし、しかも値段交渉とかボッタくりとかあるので安心して乗れませんが、uberだと会話無しで目的地に到着すれば、あとは降りるだけ。

非常に簡単!!やり方を説明します。

 

1、行く国でUBERが使えるかどうか確認する。

国によってはUBERを禁止しているところもあります。予め使えるかどうか情報収集することが大事です。

2、アプリをダウンロードする

まずはUBERのアプリを日本でダウンロードします。そして最初メール認証を求められますが、必ず日本で認証することが大事です。日本でアプリだけインストールしておいて海外で使い始めようと思ったら下記のように認証メールが届かないというトラブルが起きるので注意してください。

 

www.earlyretire-dropout.net

 3、クレジットカードを登録する。

アプリの左上に設定ボタンがあります。そこのお支払を選び、支払方法の追加を選択します。

 

 

f:id:well-lined5963:20180117132654j:plain

f:id:well-lined5963:20180117132748j:plain

f:id:well-lined5963:20180117132905j:plain

 

必ず2つ以上のクレジットカードを登録すること。海外でuberを使っていると突然、支払でクレジットカードが使えなくなることがあります。これは、クレジットカード会社が海外での使用が多発しているのを発見し不審におもってストップするケースや、UBERが何らかの理由でストップすることがあります。

実際に私もクレジットカードの支払いが急にストップされて困りました(限度額は全く超えていません)。その日は使えていたのに急に使えなくなるんですよ。

だから登録は2つ以上しておいた方が良いです。

 

4、行先きを設定する。

まずスマホの現在地をオンにします。そしてから行先を設定します。

f:id:well-lined5963:20180117133210j:plain

行先きは?クリックします。

 

 

f:id:well-lined5963:20180117133433j:plain

 

①に現在地、②に目的地を入力します。①はスマホの現在地表示で自動で入力されますので②のみを入力すれば良いです。下の方の地図上でピンを配置してください、をクリックして地図上で場所を選びます。

 

f:id:well-lined5963:20180117134438j:plain

すぐにこのような画面に切り替わります。料金を確認し、そして支払方法はちゃんとクレジットカードになっているかを確認したらUBERXを確認をクリックすれば、あとは10秒も経たないうちに画面が切り替わり、車が向かってますという画面になります。

 

f:id:well-lined5963:20180117134915j:plain

赤枠でかこったナンバーが車のナンバーです。このナンバーが来たらあとは自分でドアを開けて乗り込むだけです。

最初helloくらいいって、あとは何も会話せずとも大丈夫です。

 

最後、降りるときもクレジットカード払いなので何もする必要はありません。降車後、ドライバーはどうでしたか?という評価をアプリから求められるので評価すれば終わりです。

 

非常に簡単です。

 

 

UBERを使いだすと、行きたいところに自由に行けますので海外旅行の幅がものすごく広がりますので、おすすめです!

 

 

 

 

 

 

 

div #breadcrumb div { display: inline; } div #breadcrumb div a:after { content: ">" ; }